PHGIC人材情報システムについて

このサイトは、フィリピンの送り出し機関と日本の受け入れ機関(監理団体や特定技能支援機関、有料職業紹介事業者)の契約締結後、受入企業からのJobOrder(雇用条件書や企業情報など)をPOLOに提出~認可後、入国要件を満たしたフィリピン人材の履歴書を閲覧し、面接を希望する候補者を選定する人材情報サイトです。

人材情報サイトは、各在留資格に必要な入国要件を満たしたフィリピン人材(技能実習生・特定技能・技術・人文知識・国際業務)を多数登録しています。
但し個人情報の閲覧は、PHGICとの提携が完了した監理団体や特定技能支援機関・有料職業紹介事業者に提供されるパスワードが必要になります。

受入監理団体・受入企業・送出機関は、教育やフォロー体制、実績、不正や法令違反、労務管理、人権侵害行為等を慎重に吟味し、必ず法令を遵守し適正な運用をしている優良な監理団体や有料職業紹介事業者、受入企業のみと提携しています。

取次送出機関との情報共有について

取次送出機関とPHGICとはそれぞれの役割に違いがあるものの、密接な共同作業が求められています。取次送出機関の役割は、面接に関係する連絡から雇用契約書などの諸作業及び来日手続き関係が主であり、PHGIC情報センターは、日本側の優良な監理団体と実習実施者の選別、PHGIC人材情報システムの運営管理、日本側の監理団体と実習実施者・受入企業に対する情報提供や事前作業などを主としています。その双方の業務は車の両輪の如く、日常的な情報の共有に基づいた共同作業であると同時に、日本側の監理団体や有料職業紹介事業者との共同作業も多く、これらの連携作業が極めて重要です。
フィリピン人材の個人情報は秘匿のため、日本側の優良な監理団体・有料職業紹介事業者は、パスワードの管理に慎重を期して頂くと共に、定期的なパスワード変更にも配慮願います。

主な手順について

1.フィリピンの送り出し機関との契約締結
2 Job Order(雇用条件書や企業情報など)をPOLO提出~認可
3.パスワードを入力後、サイトでフィリピン人材の履歴書を閲覧
4.Contact USのページで、面接を希望する人材の氏名を記入し送信
5.候補者が求人内容(雇用条件や企業内容等)を閲覧し、候補者の面接希望を確認
6.日本の受入企業と面接の希望日を調整後、フィリピンで面接
7.候補者で面接で内定
8.入国に必要な諸手続きに着手

掲載中の候補者について

各在留資格に必要な入国要件を満たしたフィリピン人材の履歴書を掲載しています。
日本語や技能評価試験等の資格要件がない場合は、Job Orderが入ってから候補者を選出(募集~選考)しますので掲載しておりません。また内定した人材に関する資料も掲載しておりません。

介護職の技能実習生や特定技能での入国要件には、日本語能力や技能評価試験等があります。介護職の技能実習生は、日本語能力試験N4同等以上、特定技能では、国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験(N4以上)と介護日本語評価試験の合格が必要になります。

事前に候補者を選考し、日本語学習費用を事前に日本の企業側で負担して頂き学習、日本語能力試験N4に合格できるように日本語学習から支援するケースが増えてきています。

PHGICの提携する日本語学校や大学が多数ありますので、より計画的に人材採用を検討される企業の方々は、お気軽にご相談・お問い合わせください。


a:1079 t:2 y:1