従来の外国人技能実習制度(介護職を除く)では、来日要件に日本語能力はなく、一般的に送り出し機関が求人募集し、選考された候補生に対し面接会での採用決定後、TESDA認定の日本語学校で来日前教育として規定時間を教えていました。
介護職の技能実習生には入国要件に日本語能力試験N4以上があり、また特定技能1号の日本語能力水準は、ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力を有することを基本としつつ、受け入れ分野毎に業務上必要な能力水準があります。技能実習2号を修了した者は、この試験等を免除されます。
特定技能における日本語能力の水準は、日本語能力判定テスト又は日本語能力試験(N4以上)と介護日本語評価試験(介護職のみ)で判定されます。日本語能力判定テストは年に6回程度コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式で2019年4月から始まる予定です。日本語能力試験N4以上の合格者は、特定技能に必要となる基本的な日本語能力水準を有するものと評価されます。このように日本語能力試験N4以上の合格が必要になります。
PHGICの提携する日本語学校は、入国前の日本語教育の重要性を認識し、日本語能力試験N4以上に合格できる教育を徹底し、教師の質や学習方法の改善にも取り組んでいます。日本語能力試験N4において多数合格させています。

Bulacan Awards

Bulacan州のSAGE日本語学校では、Best Japanese Launguage Centerとして表彰されています。

各日本語学校の授業料は原則本人負担ですが、各日本語学校単位で授業料が無料となるスカラーシップ制度も導入しています。従来の外国人技能実習制度に於いては、日本国での就労希望者に対して面接合格後の手続き期間を利用した日本語学習を実施していましたが、その学習に要する費用は、受け入れ団体によって多少の格差がありますが日本側の雇用企業によって負担されています。

介護職の技能実習生や特定技能1号の場合、入国要件に日本語能力試験N4以上があることから、各日本語学校で独自に選考し特待生として事前に日本語を学習し、日本語能力試験N4以上に合格できるようにしています。
この特待生制度は、貧困な家庭環境にあり日本で就労する強い意欲のあるフィリピン人材への日本語習得に向けた重要な支援であり、日本語能力試験N4以上取得のステップとして大きな期待が寄せられています。

  • 日本語学習の特待生は、
    1.日本国にて就労する強い意欲があること
    2.希望する業種の技能評価試験合格者またはCaregivingNCIIの有資格者
    3.明るさ、優しさ、思いやり、忍耐力、勤勉さ

上記条件を精査した上で、各日本語学校で応募し選考します。
日本の企業や介護事業者の希望による事前日本語学習にも対応しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

外国人技能実習生の介護職の場合、第一号技能実習(1年目)には、日本語能力試験N4に合格している者(同等以上の能力を有すると認められる者)、第二号技能実習(2年目)には、日本語能力試験のN3に合格している者(同等以上の能力を有すると認められる者)が要件となっています。第2号技能実習については、原則として開始予定日の3か月前までに申請を行う必要があります。2年目申請時(入国から9ヶ月)に日本語能力試験のN3に合格できない場合は、1年間で帰国することになってしまいます。

日本語能力試験について

JLPTはJapanese Language Proficiency Testの頭文字で、日本語能力試験と言います。日本語を母語としない方を対象にした試験で5つのレベルの試験があり、N5が一番下のレベルで、N1が一番上のレベルです。
レベルの目安を会話レベルで見ると
N5 - まだまだ片言のサバイバルレベルで英語がたくさん混ざる
N4 - なんとか会話ができるけれどもまだまだ不自由
N3 - だいぶ慣れてきて日常的なことは結構話せる
N2 - 知らない言葉や表現もあるけれど、日本人が普通に話してもほぼわかってもらえる
N1 - 結構、難しい言葉を知っていたり、本や新聞を読んでディスカッションしたりできる
JLPTは「文字・語彙」「文法読解」「聴解」の全て4択問題の試験、読みと聴解のみの試験で会話力試験も面接試験もありませんので、会話力が伴わないことがよくあります。日本語を覚えて聴解力があって聴解試験で得点をかせいでも、文字語彙や読解が悪かったら合格できません。逆に、漢字や読解だけできても、聴解力が極端に低かったら合格できません。
・ 日本語能力試験 JLPT (http://www.jlpt.jp/
・ J.TEST実用日本語検定(http://j-test.jp/
・ 日本語NAT-TEST(http://www.nat-test.com/

JLPTJ-TESTNAT-TEST語彙数漢字数学習時間
N1650~7001級約10,000語約1,850字1,000時間
N2550~6002級約5,900語約1,300字800時間
N3400~4503級約3,350語約700字600時間
N4350~4004級約1,700語約320字400時間
N5250~3005級約750語約120字200時間

日本語学校の教材等

日本語学校の教材は、日本語能力試験のN3レベルを目標したWebコンテンツを活用した共通カリキュラムを導入し、予習・復習・宿題・ドリル・模擬試験等学習できるようになっています。スマートフォンやタブレットにオンラインでダウンロードしておけば、インターネットの通信状況が悪くてもオフラインで動画を使った学習ができます。理解できなかった箇所があれば、何度でも繰り返し視聴し、学習することで確実に理解できるようになっています。目標に向かって学習計画をたて、計画に沿って学習を進めるように教育しています。

日本語学校の生徒達は日本語能力試験N4合格を目指して特別カリキュラムにて勉強中で、日本語能力試験N4同等程度に合格次第、PHGIC人材情報システムに登録しています。

日本語習得を支援するために、オンライン日本語 日本語能力試験学習教材(映像、テキスト・小テスト付)で、日本語能力試験の各レベルに沿って、学習コースを分けており、試験対策教材にもなります。全く日本語を学習したことがない入門編から、N3コースまでの各コースが学習できるため、学習者は無理なくレベルアップしていくことができます。また、ひらがな・カタカナと漢字の書き順、ビジネスマナーも動画で学べる教材、本番の試験と同じ形式で出題するJLPT模擬試験も実施しています。
日本語の模擬試験を受けるメリットは、自分の理解できていないところや、間違えやすい問題を見つけ、確実に得点できるようになることです。日本語能力試験の出題形式や時間配分にも慣れることができます。

1.日本語ひらがなカタカナ学習コース
入門編は日本語学習の初心者に向けて、日本語の発音と書き方、日常生活の簡単な挨拶と表現を習得する動画教材です。
・日本語のひらがなの書き方・発音の習得
・日本語のカタカナの書き方・発音の習得
・日本語の濁音と半濁音の習得
・長音、発音、促音、拗音、アクセントの習得
・日常生活でよく使う基本的な挨拶ができる

2.日本語能力試験N5漢字対応教材
漢字編は日本語学習の初心者に向けて、日常生活でよく使われる漢字の読み方と書き方を習得する動画教材です。
・漢字の成り立ちがわかる
・日本語の漢字が正しく書ける
・漢字の訓読みと音読みの習得
・日本語能力試験N5レベルの初級の漢字の習得
・日常生活でよく使う漢字が読めることと書けること

3.日本語能力試験N5対応教材
N5コースでは、日本語能力試験のN5レベルに相当する語彙、表現、文法を学ぶことができます。どのように日常会話で使われているのかを実際の映像で見ることができます。
・日本語の単語の書き方・発音などの基本の習得
・日本語能力試験のN5レベルに相当する語彙、表現、文法の習得
・日常生活でよく使う基本的な挨拶ができる
・ひらがなやカタカナ、N5レベルの漢字で書かれた
・定型的な語句や文章を読んで理解することができる。
・日常生活の中で、簡単な短い会話がゆっくり話せる、また、必要な情報を聞き取ることができる。

4.日本語能力試験N4対応教材
N4コースでは、日本語能力試験のN4レベルに相当する語彙、表現、文法を学ぶ ことができます。どのように日常会話で使われているのかを実際の映像で見ることができます。
・日本語能力試験のN4レベルに相当する語彙、表現、文法の習得
・日常生活でゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる
・N4レベルの漢字で書かれた定型的な語句や文章を読んで理解することができる
・日常生活の中で、初級日本語レベルの会話を話すことができる
・簡単な敬語が理解できる、話すことができる

5.日本語能力試験N3対応教材
N3コースでは、日本語能力試験のN3レベルに相当する語彙、文法、読解を学ぶことができます。どのように日常会話で使われているのかを実際の映像で見ることができます。ナレーション全てに英語字幕が入っているので、中級日本語学習は、気軽に勉強ができるような教材になっております。
・日本語能力試験のN3レベルに相当する語彙、文法、読解の習得
・やや自然に近いスピードの日常会話の内容がほぼ理解できる
・日常的な話題、難易度がやや高い日本語の文章、新聞の見出しが読める
・日常生活の中で、中級日本語レベルの会話を理解と話すことができる
・中級レベルのビジネス日本語が理解できる、話すことができる

日本語能力試験のN5レベルに相当する語彙、表現、文法を学ぶことができます。また、どのように日常会話で使われているのかを実際の映像で見ることができます。この教材は日本語を母国語としない人を対象にしています。漢字に馴染みが無い国の方でも勉強ができるように、第1課から第3課はすべての日本語にはローマ字を表記し、すべての課の例文には英語を併記しています。また、ナレーション全てに英語字幕が入っているので、日本語学習が初めての方は、気軽に勉強ができるような教材になっております。¥3,584 (定価¥18,000の80%引き)

Japanese Learning Course for JLPT N5 Level: PHGIC
・Japanese Learning Course for JLPT N5 Level: PHGIC


Japanese Learning Course for JLPT N4 Level: PHGIC
・Japanese Learning Course for JLPT N4 Level: PHGIC

その他の日本語学習教材


a:1352 t:4 y:11