フィリピン国に於ける日本語学校教育の実情は、正規不正規に関わらず無統制な乱立状態にあり、無内容な教育や無資格教師の存在、そして拝金主義に汚染された経営が横行しています。取り分け日本国の外国人技能実習制度に介護職種が追加され、それらの日本語学校が起こす社会的問題は、その程度と頻度を増し、日本語の正しい普及や日本語を学ぼうとするフィリピン人の意欲を削ぐ事態ともなりつつあります。

私達は、こうした状況を憂え、日本語の正しい普及と日本国の外国人技能実習制度の目的及び関係法規に従って運営する日本語学校のみを糾合し、日本国にて就労する事を目的とした労働者、特に介護士を対象とした日本語教育に於いて、適正基準を定めた上での日本語学校の選別、適正カリキュラムの決定と教材の共有化、日本語能力試験N4受験対策用のカリキュラム、教員の確保と能力向上の教育と認可制度、会員相互と日本・フィリピン間の情報交換などを実施して、フィリピン国内の日本語の正しい普及と習得の資の向上を目的とした活動を行い、この活動を通して日本国とフィリピン国との一層の交流に貢献致します。

フィリピン日本語学校協会

Japanese Language School Institute of the Philippines



Japanese Language School Institute of the Philippines (JLSIP)
3rd Floor MSK building #388 Visayas Avenue Tandang Sora Quezon City
Website: http://jlsip.org/



フィリピン日本語学校協会は、TESDA認定の適正度の高い日本語学校のみによって構成された協会です。
日本国での就労支援として、フィリピンのPOEA認定の取次送出機関、日本型介護・高度日本語教育財団、日本の外国人技能実習機構に許可された監理団体と連携して、より質の高いフイリピン人介護士を教育していきます。

フィリピン日本語学校協会の主な活動

1.共通教材とカリキュラムの選定
2.日本語教師養成講座(200時間)の開催と教師の認定
3.日本語学校の入会希望校の審査・選別~認定
4.日本語能力試験の受験情報の提供と学生支援
5.スカラーシップ制度の運用

日本語学校の主なコースについて

働きながら日本語学校で日本語能力試験N4合格を目標に学ぶことができるように以下のようなコースがあります。
詳細につきましては、各日本語学校で確認して下さい。
1.平日昼間(8時間/日)コース
2.半日コース(4時間、午前・午後)コース
3.土日コース(8時間/日)
4.平日夜間コース(4時間/日)コース

フィリピン日本語学校協会員の日本語学校

1) Sage Asian Language And Education Center Inc. Quezon City

Sage Asian Language And Education Center Inc. Quezon City

Sage Asian Language And Education Center Inc. Quezon City

Sage Asian Language And Education Center Inc. Quezon City

3rd Floor MSK building #388 Visayas Avenue Tandang Sora Quezon City
Website: http://salecqc.org/
Contact No. : 0915-800-4535
email: salaecmktng2017@gmail.com

2) Sage Asian Language and Education Center Bulacan Inc.

Sage Asian Language and Education Center Bulacan Inc.

Sage Asian Language and Education Center Bulacan Inc.

Sage Asian Language and Education Center Bulacan Inc.

Unit 7 to 11 2nd Floor North Centrum Building Sta. Cruz Guiguinto Bulacan
Website: http://salecb.org/
Contact No. : 0927-435-5517
email: sageasianlanguagebulacan@gmail.com

3) Institute for Dementia Care and Jass Sage Language Learning Center

Institute for Dementia Care and Jass Sage Language Learning  Center
Unit LG 3-A Seneca Plaza, 1152 E. Rodriguez Ave. Quezon city
Contact No. : 410-3465, 0908-288-0309
email: admin@dementiacare.asia

4) Talaytayan Language Centre

alaytayan Language Centre
DLS-2 Building, Bonifacio corner MV Farinas Streets, Brgy. 9, Laoag City, Ilocos Norte
Contact No. : (077) 600 4821

5) Electi International Language And Training Centre Inc.

Electi International Language And Training Centre Inc.

6) Arukoo Japan Language School Sage Cavite Branch

Arukoo Japan Sage Japanese Language Center Cavite
2nd floor St. Augustine Trece Martires City Cavite

7) Jinzai Ikusei Language & Business Solutions, Inc.

Jinzai Ikusei
Unit 203 Goldwin Building, Elpidio Quirino Ave, Davao City,8000 Davao del Sur
Poblacion District, Davao City, 8000 Davao del Sur
Contact No. : (082) 305 1169
Cell number: 0922-315-0385 or 0995695-9705
email: nursecaretechno2016@gmail.com

8) Jinzai Ikusei Language & Business Solution, Inc Kidapawan

Jinzai Ikusei kidapawan
Suite 301, Prudenciado Building 1,Jose Abad Santos Street, Kidapawan City
contact number: 0933-938-3403 or 0917 1497 110
email: jinzaikidapawan@gmail.com

9) Sage Asian Language and Education Center, Inc. Montalban

Sage Asian Language and Education Center, Inc. Montalban
Address: DonaLuz Building, #898 Mayon Ave, San Jose,Montalban Rizal.
Contact: (02) 532 084
Email: sage_montalbanbranch@yahoo.com

・・・・ETC.

カリキュラム・シラバスについて

日本語能力試験N4合格を目標に、日本語を話す・聞く・読む・書くの練習を日本語能力試験の各レベルに沿って学習する試験対策教材とWebコンテンツを活用して、ひらかな・カタカナ・漢字の読み方と書き方、日本語の発音を習得した上、日常生活の会話と表現を習得します。
日本語能力試験のN5・N4・N3レベルに相当する語彙、表現、文法を学び日本語能力試験の準備に役に立つとともに、日本語でのコミュニケーション能力を向上させ、学生個人の学習履歴、学習進捗状況、成績の管理、宿題・小テスト・模擬試験等、学生の日本語能力レベルを確認しながら教育しています。学生はPCやスマートフォン、タブレットから学習を進めることができ、日本語学校授業時間以外でも予習や復習の日本語学習が可能です。
1)言語知識(文字・語彙)
2)言語知識(文法)・読解
3)聴解
フィリピン日本語学校協会

フィリピン日本語学校協会

総合日本語:

①文法(文の文法、文章の文法)、
②語彙(文脈規定、言い換え類義、用法)、
③待遇表現、
④発音、
⑤正確な聞き取り、
⑥話題に即した文作成
・聴解:①発話表現、②即時応答、③課題理解、④ポイント理解、⑤概要理解
・読解:①内容理解、②情報検索
・文字:①漢字読み、②表記
・発音:①拍、②アクセント、③イントネーション
・会話:①場面に対応した表現、②文末表現
・作文:①文章構成、②表現方法

JLPTJ-TESTNAT-TEST語彙数漢字数学習時間
N1650~7001級約10,000語約1,850字1,000時間
N2550~6002級約5,900語約1,300字800時間
N3400~4503級約3,350語約700字600時間
N4350~4004級約1,700語約320字400時間
N5250~3005級約750語約120字200時間

日本語教師養成講座

現在バラバラにある日本語学校のカリキュラムや教師の質の向上と平準化、教材やWebコンテンツなどに於いてスタンダードを定め、コンピューターリテラシーと日本語教授法を身につけた日本語教師を育成し、フィリピンの教育機関で指導的役割を果たす教師を育成します。

日本語能力試験について

JLPTはJapanese Language Proficiency Testの頭文字で、日本語能力試験と言います。日本語を母語としない方を対象にした試験で5つのレベルの試験があり、N5が一番下のレベルで、N1が一番上のレベルです。
レベルの目安を会話レベルで見ると
N5 - まだまだ片言のサバイバルレベルで英語がたくさん混ざる
N4 - なんとか会話ができるけれどもまだまだ不自由
N3 - だいぶ慣れてきて日常的なことは結構話せる
N2 - 知らない言葉や表現もあるけれど、日本人が普通に話してもほぼわかってもらえる
N1 - 結構、難しい言葉を知っていたり、本や新聞を読んでディスカッションしたりできる
JLPTは「文字・語彙」「文法読解」「聴解」の全て4択問題の試験、読みと聴解のみの試験で会話力試験も面接試験もありませんので、会話力が伴わないことがよくあります。日本語を覚えて聴解力があって聴解試験で得点をかせいでも、文字語彙や読解が悪かったら合格できません。逆に、漢字や読解だけできても、聴解力が極端に低かったら合格できません。海外での受験者には、合否結果通知書のかわりに証明書を受験地の試験実施機関を通じて送りますので、第1回(7月)試験の結果は10月上旬、第2回(12月)試験の結果は3月上旬に受験者に届く予定です。

J.TESTはJLPTと違って2ヶ月に1回の試験であり、A-D(N3・N2・N1・N1OVERレベル)1000点満点の試験とE-F(N4・N5レベル)500点満点の2種類の試験で、複数レベル認定を可能としているため、JLPTの専願に対して実質的な併願が可能です。申込の締め切り(受験料の払い込み)もJLPTの2ヶ月に対して、J.TESTは1ヶ月、結果発表も2ヶ月後のJLPTに対して、J.TESTは約1ヶ月後にはWeb上で速報が発表されます。
・ 日本語能力試験 JLPT (http://www.jlpt.jp/
・ J.TEST実用日本語検定(http://j-test.jp/
・ 日本語NAT-TEST(http://www.nat-test.com/

試験の種類試験実施時期確認書類の発行時期
日本語能力試験 JLPT7月(第1回)、12 月(第2 回)(受験地が国内の場合)
9月上旬(第1回)、2月上旬(第2回)
(受験地が海外の場合)
10 月上旬(第1回)、3月上旬(第2回)
J.TEST実用日本語検定1月、3月、5月、7月、9月、11 月試験実施日の約1か月後
日本語NAT-TEST2月、4月、6月、8月、10 月、12 月試験実施日から3週間以内


a:761 t:3 y:1