PHGIC Outline



脚光を浴びるフィリピンとフィリピン人材でありますが、それが故に沢山の各種団体・企業が日本からフィリピンを訪問されております。しかしながら適切な現地情報を本当に得られているのか?、不適正組織と提携してしまっていないか?、何の裏づけも経験も持たない一夜漬けベテランに振り回されていないか?・・・等、大変気になっております。
フィリピン人材の採用にあたって

フィリピン人材総合情報センターPHGICは約30年の間、フィリピンに深く多彩に関わっており、現地での事業経験と信用も豊富に蓄えております。介護士・家事サービス・高度人材・留学生にも取り組み、フィリピン人技能実習生受け入れ団体と企業、人材派遣・紹介事業者、介護施設事業者等の皆様に、安心してご活用頂けるより質の高い人材紹介・情報・アドバイス・各種支援をしております。

「より良い人材を、より良い組織を通じて、より良い企業に!」を方針に、最大の努力を傾注して参ります。

PHGICはフィリピンの送り出し機関や日本の受け入れ団体ではありません。
私たちは、大学・実業学校・送り出し機関・日本語学校・人材情報センターによって構成され、適切な人材を日本に送り出すプロジェクトチームです。
悪質なブローカーや監理団体、送り出し機関、教育やフォロー体制、実績等を慎重に吟味し、不正や法令違反、労務管理、人権侵害行為等十分に注意し、必ず法令を遵守し適正な運用をしている優良な監理組織・団体とお付き合い下さい。
詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ

最新のお知らせ

PHGIC フィリピン介護視察ツアー

PHGIC介護視察ツアー
認知症ケア研究所での会合
Institute for Dementia Care

PHGIC介護視察ツアー
フェルナンデス大学(介護コース)での意見交換会
Fernandez college

PHGIC介護視察ツアー
日本語学校での意見交換会
Jass sage asian language and education center


PHGIC
マラカニアン宮殿で日本訪問団編成会議

PHGIC介護視察ツアー
SAGE日本語学校 ブラカン校での意見交換会

PHGIC介護視察ツアー
介護士訓練学校 ACTECでの会合
フィリピン全国私学協会TEVSAPHIL (3800校)会長


PHGIC介護視察ツアー
Care for the elderly Foundation Inc.での会合
Home for the Aged

PHGIC介護視察ツアー
ダバオ市役所(サラ・ドュテルテ市長)での会合

PHGIC介護視察ツアー
ダバオ市日本語学校での意見交換会
Jinzai Ikusei Language and Business Solutions


PHGIC介護視察ツアー
マラカニアン宮殿訪問

PHGIC介護視察ツアー
エバスコ長官との重要な会合

PHGIC介護視察ツアー
第1回TESDAでの会合


PHGIC介護視察ツアー
第2回TESDAでの会合

PHGIC介護視察ツアー
マラカニアン宮殿での会合

PHGIC介護視察ツアー
労働雇用省DOLEでベリオ大臣との会合


PHGIC介護視察ツアー
労働雇用省DOLEでベリオ大臣との会合

PHGIC介護視察ツアー
セントポール大学(介護学科)での意見交換会

PHGIC介護視察ツアー
某大学(介護コース)での意見交換会


PHGIC介護視察ツアー
日本語学校SAGEケソン校での意見交換会

PHGIC介護視察ツアー
日本語学校SAGEケソン校での意見交換会

PHGIC介護視察ツアー
エバスコ長官との昼食会


PHGIC介護視察ツアー
認知症研究所との会合

PHGIC介護視察ツアー
某大学(介護学科)での意見交換会

PHGIC介護視察ツアー
第3回TESDAでの会合



今後約38万人の介護士が必要とも言われ、介護業界の人材不足解消に期待されていますが、どのように外国人介護士を確保していくのかが今後の課題です。外国人と一括りにせず、それぞれの送り出し国の国民性や事情(選定方法や教育、支援体制、実績など)、一人一人の個性と向き合い思考や特性等を十分理解し、中長期の人材戦略の中に、外国人介護士をどう位置付けるか等を考えることが、今後の介護施設経営に不可欠な時代です。フィリピン介護視察ツアーは、フィリピンにおける介護士人材の育成の現状を知り、今後の外国人介護士の受け入れに活かして頂くために、TESDA認定日本語教育センター、POEA認定送り出し機関、TESDA(技術教育技能教育庁)、POEA(フィリピン海外雇用庁)、介護コースを持つ大学や職業訓練校等の介護教育現場の視察、日本での介護士候補生・就労希望者とのディスカッションや食事会、関係諸機関との懇談会・・・等を行いました。

フィリピン人介護士

PHGIC

PHGIC

PHGIC



外国人技能実習生(介護)
高齢化が進行している介護人材不足の中どうしても外国人介護士の力を借りなければならない時代です。より良いフィリピン人介護士が介護業界に必ず貢献できるものと確信しております。
フィリピン人介護士

POEA認定送り出し機関

国際人材派遣企業
外国人技能実習制度に於いて、本制度が健全に発展するために相互に協力することを討議議事録(R/D:Record of Discussions)で確認し、政府機関が適格であると認めた機関について「認定送り出し機関」と呼んでいます。国際人材派遣企業は、フィリピン人材を採用したい日本の企業・団体にフィリピン人材を送り出す機関になります 。安心できる実績と信頼のおける認定送り出し機関と提携しております。過大な紹介手数料、雇用契約における違法行為、技能と職業のミスマッチなど、海外での出稼ぎ労働者が直面する困難は数多く、フィリピン政府では違法行為を繰り返す雇用主や悪質な斡旋業者対策として、ライセンス制度の導入、海外雇用主の認定制度、悪質企業のブラックリスト作成、紛争処理システムの構築、政府間調整、情報提供制度などを導入しています。このように政府が全面的に支援し実績があるのはフィリピンだけです!益々存在感を高めるフィリピン人材!日本人が思っている以上に世界中で評価されています。

TESDA認定日本語教育センター

PHGIC

PHGIC

PHGIC



基礎日本語の習得
日常生活をする上での基礎知識、生活・仕事のマナー教育・・・等を320時間、外国人技能実習制度上の基礎日本語の習得します。

日本型介護教育

介護職員実務者研修 の習得
Technical Education and Skills Development Authority(TESDA)認定のCaregiver NCⅡ(介護士)の公認資格(786時間)を取得し、基礎日本語を修了(320時間)した介護士候補生が、介護の現場で使う専門用語・知識・技能を盛り込んだ実践的な日本語を約200時間の独自カリキュラムに沿って日本型介護を学びます。介護に特化した日本語教育とともに、優しく心のこもったマナーと技術を身に付けます。より早く円滑に現場に溶け込めるよう、日本の介護事業者から介護福祉士の資格を持った日本人教師の指導によってN3程度を目標に日本語を教育しています。

介護福祉士養成施設留学生

PHGIC

PHGIC

PHGIC



介護福祉士養成コースでの留学
日本語学校に1年、介護福祉士養成コースに2年通学します(在留資格が留学)。ご支援して頂いた介護施設で週に28時間以内、長期休暇時は1日8時間のアルバイトをしながら介護福祉士を目指します。卒業後は介護福祉士として働きます(在留資格は介護)。

高度人材

PHGIC

PHGIC

PHGIC



英語教師・IT・エンジニア・ホテルのフロントなど
日本に入国・在留することが可能な外国人の中でも特に日本の経済成長やイノベーションへの貢献が期待される能力や資質に優れた人材、すなわち「高度人材」を出入国管理制度上の取扱いにおいて様々に優遇し、その受け入れを促進しようという人材です。
例えばイマージョン教育プログラムの教師(イマージョン教育とは、第二言語で教科を教えることによって、その言葉を習得させる教育プログラム。例えば学校や学習塾等で英語で数学を教えます。)、英語教師、ホテルや旅館などのフロント・レセプション、外国人のお客様対応できる英語が堪能な人、ITプログラマー、CAD、エンジニア・・・など
フィリピン人高度人材 - 手続きの流れ

セミナー講師・コンサルタント業務

旧外国人技能研修制度の時代から約数千人のフィリピン人材の送り出し及び受け入れに関係した実績と信頼関係もあり、フィリピンにおける頼りになる人脈を幅広くもっております。最近はフィリピン人介護士、ホテル・旅館等のフロント業務での英語精通者、英語教師、IT・エンジニア関係等の高度人材の依頼が多く、セミナー講師や外国人材受け入れの為のコンサルタント業務も行っております。悪質なブローカーや監理団体、送り出し機関、教育やフォロー体制、実績等を慎重に吟味し、不正や法令違反、労務管理、人権侵害行為等が起こらないよう、法令を遵守し適正な運用ができるように各種セミナーやコンサルタント業務を通じて指導・支援しています。必ず優良な監理組織・団体とお付き合いするようにして下さい。


a:5485 t:3 y:16