2017年11月、日本国内にて受け入れる外国人介護士に関する告示が示され、フイリピン国と日本国内共に介護士の受け入れるに相応しいと判断された少数の送り出しと受け入れの機関がリストされるに至りました。この両国の関係機関の決定は一部からはハードルが高過ぎるとの意見も生まれましたが、私共は心から歓迎するものです。しかしその両国間の厳しい審査にて選別された機関でも、優れた介護士を受け入れる為の関係知識や情報は十分とは決して考えられません。介護士を送り出す国やその国民性、日本国とフイリピン国の間にある介護という概念の違いや介護技術のギャップ、介護士の送り出しを所轄する政府機関の法律、介護士に直接関係する担当機関の指導要綱、介護士を教育し育成する大学などの機関とその良否、玉石混交の日本語学校のカリキュラムや教師の適性度判定、送り出し機関の良否、来日後に連動すべき日本語の事前教育内容、現地関係機関の違反行為や違法金品の徴収の有無などなど、介護士受け入れに際して慎重を期さねばならない事は、随分とあるのです。又同時に、日本側で介護士を直接に雇用する介護施設にも、大きな格差があります。

私共は、「より良い人材を、より良い組織を通じて、より良い企業に」を大テーマとして掲げています。働く者も、働いてもらう者も、そして介護をしてもらう者も、全てがウィンウィンにならねばならないのです。私達は日比間に於きまして、何年もかけて両国の送り出し側と受け入れ側の関係機関や政府機関を相互訪問し、何度となく会合を重ね、築かれた思想の共有と機能的信頼関係に基づいて日比を一貫する介護士の送り出しと受け入れのシステムを作り上げて参りました。

フィリピン国には、どこの第3国にもない看護師や介護士の海外就労の歴史があります。そして、何処の国も及ばない看護師や介護士を育生する教育機関が充実しています。それであるが故に、最近では、ドイツやイギリスなどのヨーロッパ諸国からは、看護師・介護士雇用のオファーが相次ぎ、かつ又隣国の中国からも介護士雇用の大きな期待が寄せられています。フィリピン人介護士に日本で働いてもらう事、それは日本国とフィリピン国の間での民間外交に他なりません。
「日本で働いて本当に良かった」「フィリピン人介護士に働いてもらって本当に良かった」と互いに思い思わせる事のできる介護事業者の方々には、是非とも本プロジエクトにて送り出されるフィリピン人介護士の雇用を御検討頂きます様お願い申し上げます。

尚、本プロジェクトは、優良な監理団体や実習実施者(介護事業者)、送出機関のみに限定して、相談・指導・情報提供・日比関係機関紹介・視察団現地訪問などを無償にて実施させて頂いております。

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

フィリピン日本語学校協会について

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

フィリピン日本語学校協会は、TESDA認定の適正度の高い日本語学校のみによって構成された協会です。
日本語の正しい普及と日本国の外国人技能実習制度の目的及び関係法規に従って運営する日本語学校のみを糾合し、日本国にて就労する事を目的とした労働者、特に介護士を対象とした日本語教育に於いて、適正基準を定めた上での日本語学校の選別、適正カリキュラムの決定と教材の共有化、日本語能力試験N4受験対策用のカリキュラム、教員の確保と能力向上の教育と認可制度、会員相互と日本・フィリピン間の情報交換などを実施して、フィリピン国内の日本語の正しい普及と習得の資の向上を目的とした活動を行い、この活動を通して日本国とフィリピン国との一層の交流に貢献致します。
詳細はコチラ⇒フィリピン日本語学校協会について

日本型介護・高度日本語教育財団について

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

第一号技能実習(1年目)には、日本語能力試験N4に合格している者(同等以上の能力を有すると認められる者)、第二号技能実習(2年目)には、日本語能力試験のN3に合格している者(同等以上の能力を有すると認められる者)が要件となっています。2年目申請時(入国から9ヶ月)に日本語能力試験のN3に合格できない場合は、1年間で帰国することになってしまいます。
日本型介護・高度日本語教育財団は、面接で内定した候補生(日本語能力試験N4取得者)に対し、日本語能力試験N3受験対策用のカリキュラム、日本型介護の基礎教育と介護現場における言葉と介護手法、日本の介護施設にて就労に必要な最低限の知識、介護現場で使用する日本語コミュニケーション能力向上を教育します。
詳細はコチラ⇒日本型介護・高度日本語教育財団について

監理団体・外国人技能実習制度について

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。
送出機関、団体監理型技能実習、技能実習制度の仕組み、技能実習制度(介護)の要件設定、介護事業者の対象施設・・・など
詳細はコチラ⇒監理団体・外国人技能実習制度について
詳細はコチラ⇒介護事業者の対象施設について

スカラーシップ制度について

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

日本語学習希望者を対象としたスカラーシップは、貧困な家庭環境にあるフィリピン人介護士への日本語習得に向けた重要な支援であり、日本語能力試験N4・N3取得のステップとして大きな期待が寄せられています。日本の介護施設での就労を目指すフィリピン介護士の拡大も目的として実施されるものであります。日本語能力試験N3合格を目標したスカラーシップ制度も活用して頂けます。
詳細はコチラ⇒スカラーシップ制度について

フィリピン人材の採用にあたって

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

脚光を浴びるフィリピンとフィリピン人材でありますが、それが故に沢山の各種団体・企業が日本からフィリピンを訪問されております。しかしながら適切な現地情報を本当に得られているのか?、不適正組織と提携してしまっていないか?、何の裏づけも経験も持たない一夜漬けベテランに振り回されていないか?・・・等、大変気になっております。
詳細はコチラ⇒フィリピン人材の採用にあたって

フィリピン介護視察について

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

PHGICは、フィリピン介護視察等を通じて、フィリピンにおける介護士人材の育成の現状を知り、今後の外国人介護士の受け入れに活かして頂くために、TESDA認定日本語教育センター、POEA認定送出機関、TESDA(技術教育技能教育庁)、POEA(フィリピン海外雇用庁)、介護コースを持つ大学や職業訓練校等の介護教育現場の視察、日本での介護士候補生・就労希望者とのディスカッションや食事会、厚生労働省や外国人技能実習機構などの関係諸機関との懇談会・・・等を行ってきました。
詳細はコチラ⇒フィリピン介護視察について

PHGIC人材情報システムについて

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

PHGICの人材情報システムは、介護士本人の意思に基づいて個人情報が集積され、この介護士の個別情報には、卒業した大学や取得した各種資格・就労経験、健康診断結果、無犯罪証明、写真等の履歴書が表示され、介護施設による事前の採用予定者の選別と採用計画の作成に寄与されます。但し人材情報の検索は、PHGICとの提携が完了した監理団体に提供されるユーザー名とパスワードが必要になります。
詳細はコチラ⇒PHGIC人材情報システムについて

会社概要

フィリピン人介護士ならフィリピン人材総合情報センター PHGIC

フィリピン人材総合情報センターPHGICは約30年の間、フィリピンに深く多彩に関わっており、事業経験と信用も豊富に蓄えております。介護士・高度人材・留学生にも取り組み、フィリピン人技能実習生受け入れの監理団体と実習実施者(受入企業、介護施設事業者等)の皆様に、安心してご活用頂けるより質の高い人材紹介・情報・アドバイス・各種支援をしております。
「より良い人材を、より良い組織を通じて、より良い企業に!」を方針に、最大の努力を傾注して参ります。
PHGICはフィリピンの送出機関や日本の監理団体ではありません。私たちは、フィリピンの大学・実業学校・送出機関・日本語学校・人材情報センターによって構成され、適切な人材を日本に送り出すプロジェクトチームです。
詳細はコチラ⇒会社概要

お問い合わせ

フィリピンの送出機関、日本の監理団体や実習実施者(介護事業者)は、教育やフォロー体制、実績等を慎重に吟味し、不正や法令違反、労務管理、人権侵害行為等十分に注意し、必ず法令を遵守し適正な運用をしている優良な監理団体や実習実施者(介護事業者)のみと提携しています。詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはコチラ⇒お問い合わせ


a:8703 t:13 y:30